PRODUCT商品紹介

一里塚本業窯のカップ&ソーサー

 

愛知県で作られる陶器、瀬戸焼が古くから描き続けている伝統柄「馬の目」

ぐるぐると描かれた図案が「馬の目」ににていることからそう呼ばれました。

かつてはこの柄が量産向きだった為、流行ったそうですが、今となっては作れる人がほとんどいなくなりました。

 

馬の目柄の作り手 

 

「どっちかっていうとハマグリに見えるけど」笑笑 

 

 

「知的」とは、能動的に「知る」「姿勢」や「行動」のことなのかと最近思っています。

「知る」ことを楽しんだり相手に興味をもつこと。

 

歴史を知ったり、辿ったり、何故?って思ったり、それについて会話したり。

思考遊びしながら頂くコーヒーも格別です。 

 

当店情報

意味を知るって楽しい