GALLERY

砥部焼 梅山窯 ~愛媛県砥部町~

 

ぼってりとしたフォルムに唐草模様。

砥部焼に惹かれる様になり集めてみると、それはどれも「梅」のマークの入ったものでした。

 

裏側の底に「梅」のマークが入った砥部焼、これこそ240年の歴史ある砥部焼の実存する窯元の中で最も歴史のある窯元、梅山窯が作るやきものです。

愛媛県砥部町の山間の一角に工房を構える梅山窯。明治時代から続くその長い歴史の数々を現地の資料館で誰でも見学する事ができます。

 

昭和天皇も訪れたという応接室や、登り窯、今の作風とは全く違う作風の陶器や一升壺などの大物、観賞用の品々など。時代時代で作ってこられたやきものを時系列でみる事ができます。

 

初めて梅山窯の社長さんにお会いした時に驚いたことがあります。

現場の指揮はご主人がされていますが社長はなんと女性でした。

とても小柄で優しく、初めての事で色々心配していた私に心優しく対応してくださった事を今でも覚えています。  

 

時代の変化と共に、試行錯誤を繰り返し、現在のテイスト、やや厚手で素朴な形に自然をモチーフとしたシンプルで動きのある柄を描いたやきものにシフトし現在に至り、砥部焼は昭和51年には伝統工芸品として認定されました。 

 

梅山窯さんが作る伝統に裏打ちされた、実用的で美しく飽きの来ないやきもの。一目見れば梅山窯のものと分かるオリジナリティ。

毎日の食卓に使い勝手が良く丈夫でヒストリーが感じられる雰囲気は、使う人の事を考え生活に根付いた、まさに「用と美」のやきものです。

 

当店では数あるアイテムの中から特に珍しいもの、梅山窯さんのオリジナリティが強く感じられるものをチョイスさせて頂いています。

遊び心もある梅山窯さんの作るやきものの魅力に是非触れてみて下さい。

 

 

240年の歴史が織りなす砥部最古の窯元、梅山窯さんの砥部焼は電子レンジOK・食洗器OKです