GALLERY

小石原焼 鬼丸豊喜窯 ~福岡県朝倉郡~

 

飛びカンナ、ハケ目、伝統技法が守られ、時代と共に研ぎ澄まされながらアップデートしていいく。まさに鬼丸豊喜窯さんが作る小石原焼は伝統と今が融合したクラシックでモダンなうつわです。黒を基調としたカラーでまとめあげ、無限に広がる飛びカンナとハケ目が広がりをみせてくれます。和洋中何にでも合い、軽く大変使い心地が良いのが特徴です。日本の現代の食卓にぴったりのそのサイズ感も素晴らしいセンスの塊です。まさに「用と美」を兼ね揃えたうつわです。

最後の写真の道具が「カンナ」です。こちらは鬼丸豊喜さんの長男、鬼丸希峰さんの私物のカンナです。このカンナで素晴らしい飛びカンナの模様が一点一点刻まれていきます。この写真から見て感じる「静」に職人の「動」を加え「命」が刻まれていきます。まさにそれは演奏と似ています。