GALLERY

一里塚本業窯 ~愛知県瀬戸市~

 

「せともの」といえば陶磁器を表すことばであったほど、ここ愛知県瀬戸市はやきものの歴史的背景がある産地です。

 

中世から現代まで今もなお生産が続く日本六古窯のひとつでもあります。

 

一里塚本業窯は、300年続く歴史をもつ瀬戸本業窯の分家で、作り手の水野雅之さんはその二代目です。

 

産地でとれた原料を使い、今もなお、手ろくろ、手描きでひとつづ丁寧なもの作りが行われています。

かつては職人さんも多く雇っていたそうですが現在は水野さんおひとりで作陶されています。

 

伺った際は地域活性の為に行っている「手ろくろ体験」でお客さんを手ほどきされていました。

 

水野さんはとても気さくな方で、東京での販売のことなども大変気にかけてくださり興味を持って頂ける方でした。

聞く質問全てに、色々と親切に教えてくださいました。

 

広大な敷地には重要文化財にも指定されている巨大な登り窯があり、工房も驚くほどな広さです。

維持するだけでも相当だと、たやすく想像できます。 

 

当店では、ふるくからこの瀬戸の地でつくらて来た「馬の目柄」と「麦藁手」の2種に絞って、一里塚本業窯さんのやきものを

ご紹介していきます。 今見てもモダンで飽きの来ないシンプルな図案は、どんな料理にもあうこと間違いなしです。