BLOG

琉球ガラス工房 glass32 さんが入荷しました!

2018/11/05

こんにちは

 

秋晴れの続く今日この頃

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今日はたくさんのお客様にご来店いただき、とっても楽しく充実した一日でした。

古巣の先輩や、リピーターさん、リピーターさんが連れて来てくれたお友達、初めてのお客様、

本当にありがとうございます^_^

 

こうやって日々、色々な方と繋がっている日々を実感しています。

 

当店は茶碗屋の割には!?お客様とお喋りする店だと思っています。いや、こんなにお客さんとお喋りする茶碗屋がかつてあったでしょうか!?

 

笑笑

 

皆さまとお話してると、知らない世界や、新しい出会いや、街の事や、世間の事や、今の気分や、色んなことに気付かされます。

 

そんな、今の時代感が、リアルに掴めてる店でありたいと、思っています。

 

「今っぽい 」

 

新しければ今っぽい 訳ではないですし

古ければ、今っぽい訳ではない

 

年齢でも職業でもどこに住んでいるかでもなく、今っぽい人は、なんかいつも今っぽいよいなぁって

 

エモーションとロジカルのバランスが

今の気分は6:4です。^_^

 

 

さて、こちらは琉球ガラスの新作が入荷しました!

夏に伺った まさに今っぽいglass32さんのガラスが遂に入荷しましたよ。

これ、なんと、手吹きガラスです。手吹きガラスでワイングラス!??なんて作れるんだろうか。

はい。作れるんです。凄いと思いませんか!?

秒の世界です。ガラス作りは秒で形が変形してしまう、集中力が必要な技術。私も体験させてもらいましたが、とんでもない、あれよあれよ 行きつく間もなく変形してふにゃああ~~ってなってしまいます。べっこう飴のようなイメージです。

 

持ち手の部分、底の部分、左右のバランス、特に柄の部分なんてどうやって接続して重心をとっているんだろう?と思います。

 

完璧なバランスなのに、手作りならではの動きや味わい、いびつさもある。

 

完全ではない美しさ。

 

未完の部分が、やはり、機械で作ったものとは違う

人間や自然が作り出した美しさだなあ~と思います。

野に咲く花のように、自由に色んな方向を向いていて、それだけで美しい佇まい。

 

このグラスで、永遠に飲み続けていたい

笑笑   白ワイン 

 

至福の時を味わえます。 

 

余談ですが店主は赤党でしたが、この一年くらいで白の魅力に取り憑かれております。

 

このグラスで飲む白ワイン。

味もまとわりつく空気も極上です。

こちらは、赤を入れた時の様子。

赤もいいです~うっとり。

 

赤も白も、家飲みに最高のglass32 さんのワイングラス。

 

皆様のディリーワインを格上げしてくれます。

 

重たさ、容量、美しさ、バランス、厚み、飲み口、

いつものワイングラスもいいですが、このワイングラスは、もっと、なんて言うんでしょう、寄り添ってくれる、こたつのようなワイングラスです。

 

下の方がブラックのツートーングラスも展開がございます。ミッキーマウスみたいですね!

 

こちらのブラックは、作り手の具志堅さんのオリジナリティ溢れるカラーで、具志堅ブラックと呼ばれております。

 

ヒーリングなワイングラス。まもなく店頭に。

是非手にとってご覧になってみてくださいね!

 

うつわのわ田